優雅に暮らすためにFXで叶える

ブログランキング 

プロフィール 

イチゴ

Author:イチゴ
FXで優雅なライフスタイルを作り上げるのを目標に頑張っている、イチゴの日記

最新記事 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

忍者 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

すべらんな~

オイラの通っているジムのロッカールームは

当たり前だけどロッカーに番号が振ってある。

ただ、セキュリティーの問題でカギには番号が書いていない。

気付かない間にカギ拾われたら、盗まれちゃう可能性も

ある関係で。

オイラもそれでいいと思う。

別にロッカーも三桁番号だし、適当な語呂合わせでも

しておけば覚えておくのはむずかしくない。

忘れたとしてもおおまかなエリアは覚えてるから、

多くても4、5も試せばヒットする。


でも、やっぱりいるんすね。

おそらくオレよりは若いのだろうと思うけど、

年齢不詳な男が

「チクショウ! 俺のロッカーどこだよバカヤロウ!

ふざけんなよ、マジで!」

と叫びながらロッカーをガンガン叩いて回っていた。

無茶言うなよ・・・。

言葉は悪いが、いまどきのどうでもいいことで突発的に

キレてしまう目がすわっちゃってる感じのタイプ。

見た目は一見普通っぽいのだけどね。

少なくともカード作れる年じゃないと入会できないので、

分別はつく年のはずなのだがね。

「うるせ~な~。騒ぐ前にスタッフに相談してみろよ。」

と聞こえるように隣の更衣室からでっかい声でアドバイス。

フーフー言いながら彼はおそらく受付へと消えた。

その後、スタッフに「場所がわかんね~んだよ。カギ直して

おけよバカヤロウ」

とキレていたが、そんな質問するまえにオマエがバカヤロウだろう。

他人をパシらせておいて「使えねぇ」とぼやくオマエが

いちばん使えないだろうとツッコミたくなる学生のような。

カギに番号がついて、それが原因で自分の荷物がパクられたり

したら、それはそれできっとキレるのだろうなと。

スタッフのお兄さんもついてねぇ~な~。

なんだか相談しろと言った俺が悪い気してきた。


ロッカーの総数はおそらく200ぐらい。

さすがに全くどこか覚えてないってことはないだろう。

ほんとにまったく覚えてなくても気合いれて200回試すもよし。

いつかは開く。

1分1秒争うような為替取引してるわけでもなかろう。

無駄にキレるなよ・・・。

子供が水曜19時からのドラゴンボールに間に合わなくて

発狂しそうになってるような、そんな慌て方するこたないだろ。

とまぁ、そんなことがちょっと前にあったりして。


その男が今日、ウチの店に買い物に来た。

こいつはなんだかイヤな予感だぜ。

なんていうか、トラブルメーカー特有の臭いを出している。

一見普通そうに見えても、目がすわっちゃってる感じで

常に何かに納得いかないような雰囲気を漂わせている。

別に男と顔は合わせたわけでもないし、むこうは俺のことを

しらないだろう。

ロッカールームで声を出したときは隣の部屋からだったし。


ま、案の定オイラのイヤな予感は当たった。

男「すいませんけど、これ以外で似た色ないですか?」

そういって男が持ってきたとある商品。

業種はシークレットにしておきたいので、

その商品が仮に鉛筆だったとしておきます。

『緑色の鉛筆は、これ以外で緑色系のものはありませんか?」

といったそれぐらいなんてことはない内容。

鉛筆の部分が他の商品にすり変わっただけと考えてください。


質問してる時点から、なんだか勝手にイライラしてる感じ。

よっぽど甘やかされてきたのだろうか。

家庭内で自分がまかり通らないことがあると、すぐにキレることで

主張を通してきたタイプなのだろうと推測する。

引きこもりのニートが母親にあれしろこれしろとキレているような。

メンドクサイ予感はしながらも、至極無難にオイラは答えた。

オイラ「申し訳ありませんが、あちらに出ているだけなんです。」

男「だから、これ以外に他にないかって聞いてるの。」

オイラ「??????????」

予想を超える回答(笑

しばらく間を置いて、この男が求めるわかりやすい回答を探してみる。

オイラ「色鉛筆はあそこに出ているのが全てで、

その色の他にはないんです。」

さすがにわかるでしょ。

と、またまたサプライズ。

男「だから、この色以外にはないのかって聞いてるの!」

え~と・・・もう答えでないんすけど(苦笑

インフレーションの謎を解くよりも難しい難題を突きつけてきた。

間違いのない回答を出したはずなのに。

これ、荒れるんだろ~な~と予感した。

迷宮入りなんてしたくもないのに、至極迷惑な話だ・・・。

「いえ、ですからあちらに出てる以外はないんです。」

しまったな~と思った。

同じ回答を二度だした時点でこの男は心理的リアクタンスを起して

しまうだろうなと。

(※ 用は自分の感情を引き起こした引き金になる言葉やシーンを

もう一度連想することで、その感情が強化されること)

実際、他の回答が浮かびようもなかったってのが

事実なのだけど・・・。

案の定キレ気味になった。

「ふざけんなよ!も~いいよ、買わないから。」

店内に険悪な雰囲気を残すだけ残し、男は店を出て行った。

ま、内心ラッキーと思っていたのですが・・・

何を思ったか10秒ほどしたら戻ってきた。

荒れたくもないのにさ。

男「おまえ、名前は?店員のくせに態度わり~よ」

オイラ「??????」

別に態度であからさまに不快と示したわけでもない。

さすがにカチンときた。

オイラ「人に名前を尋ねるときはまず自分から名乗ってください。」

男「・・・・・。」

しばし沈黙が続く。

おそらく、自分がものすごい理不尽な理由でキレてしまったことを

心は感じていても、プッツンしてしまった手前、引くに引けなくな

ったのだろう。

ほんとに間違ってなければここで名乗れるはずだから。

走りだした感情を肯定するために無理にでも他の質問を捻り

だしてくる。

男は話題を変えてなおも突っかかってきた。

男「だから、俺はこれ以外はないのかって聞いてるんだよ。」

も~いいや。どうにでもなってくれ。

嫌われてもまったくかまわない。

客は神ではない。 人間だ。 

だが、常日ごろより、神様って言いたくなる人には感謝しとる。

オイラ「あちらに出てるだけで全てですね。(つまり、

ナイものはナイ)」

男「だから、この緑色しかないんだろ?」

オイラ「そうですね。(最初からそう言うとるやん)」

男「だったらそう言えよ。態度悪いんだよ、バ~カ」

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

さすがに温和な俺もブチ切れそうになる。

が、他に待っているお客さんがいる。

明らかに引いている。

まったく迷惑な話だ。

こらえにこらえて、

「分かりにくかったようで申し訳ありませんでした。」

というと「ふざけんな、バ~カ」と捨てゼリフを残し

男は帰っていった。


だが・・・俺の内心おだやかじゃない。

怒りで右手がモハメドアリのパーキンソン病のように震える。

質問されてそれに問題なく答えて、その結末がこれかい?

俺が馬鹿かい??

オイラも人の子です。

正直、殺意が沸いた。

いまだけ俺に殺人ライセンスの許可証を発行してくれたら、

小沢と鳩山許すってくらいに。

それぐらい頭に来たし、ほんとに頭カチ割ってやりたかった。

きっと「火病」かなんかの疾患持ってる可哀想な奴なのだろうと

思って無理やり自分を納得させようと思ったが。

日本茶を飲みまくって、気を静める努力をする。


腑に落ちない。

こんなグチるのは久々だ。

同情を求めてるみたいで、そんな自分が小さく感じてイヤなんだけど。


あぁ・・・二年くらい前に、夜中の3時にトランスかけて騒ぐクソ

迷惑なモデルにブチ切れたことがあったのでそうでもないか。

まったく、ヤクでもキメテるんじゃないかってくらいうるさかったな。

実際やってたんじゃなかろうか。

六本木事件もあって、ますますモデルや芸能人が嫌いな今日この頃。

ヤクザなプロダクションが幅利かすんじゃね~よ。

ったく、なにもかもイカれてやがるな。

とか、心の中ではいろんなところに怒りが飛び火している。

負の感情が泉のように湧き出す。

俺もあの男と同じレベルになっちゃうな~とは頭で分かっていてもね。

心はむかつきまくりですよ。


あ~、イヤなことあるとイヤなこと思い出しちゃうわな。

日記にしたからスッキリしたけど。


オイラ、馬鹿は好きだけど、

確信的に馬鹿をできるだけのセンスがある奴か、

もしくはスーパーナチュラルな馬鹿が好きなのであって、

ほんまもんの馬鹿は嫌いですね。

本当の馬鹿は自分が馬鹿だと認識できていない。

自分が不条理な理由で他人に迷惑かけていることを

気にかけてもいない。

もはや馬鹿という言葉もむなしい。

「たのむぜ、日本の将来・・・」と言いたくもなる。

いつの時代も救いようのない馬鹿はいるが、

最近はその比率があからさまに増えてきたな。

子供にとって脅威に感じる威厳もなくなって、

大人も子供と同じ目線で見るようになったりして。

怖い存在がいないからモラルが構築できなくなったのだろう。

別にガキが悪いことしたら、頭に一発鉄槌を下すくらいは

かまわんのじゃない? 少なくとも俺はそういう時代を生きた。

悪くないのに鉄槌くらったりしてたし(笑

あとになればそんなもんギャグだから。

頼むから、日教組に釣られて過剰になるなよPTA。

拳骨一発くらい暴力ってほどのもんじゃないから。

文字通り力が暴れるのが暴力であって。

制御できてる力は暴力とは呼ばねぇ。


話それたけど、ひさびさにイヤな日だったな~。

でも、寝ればすぐに忘れるのでご心配なく。

ってもう、4時だ・・・。

やんなるね。


<<前の日記へ ケンヂさんの日記一覧へ
コメントコメントを書く
PONY 2010年02月12日 05:37 そういうお方にだけは「最近の若いもんは…」的なこといわれたくないね

何年生きてきたの?
今まで何を学んできたの?って聞きたくなっちゃう(笑)
可哀相な人だね。
なんか事情があるのかもしれないけど……
こんな失礼な言い方したら悪いけど、おじさん精神科行った方がいいんじゃないかな?
ただの更年期だったらいいけど……



早く寝て忘れた方がいい
BOo 2010年02月12日 06:33 お疲れ様です!

言いたくないですけど実際本当にバカなやついるんですよね。
自分の目線が上からになっていないか疑ってみても、
いや~それはないでしょみたいな。

ハッキリ言って自分の価値感や基準を持たない人と話したり怒るだけ無駄です。
仕事で毎日そんな人かわるがわる入ってくるのですが、きっと他で駄目でここでも駄目でまたどこか旅立っていきます。 それゆけ!ぱっち 2010年02月12日 08:38 喚き散らすしか脳がないなんて、頭沸きすぎて脳みそとけちゃってるんじゃない。お大事に!ってかんじ。
けんちゃんよく言った!私そういう人がいても、殴られるんじゃないか怖くて何も言えないや
私の武器は感謝と笑顔です! tomoちゃん 2010年02月12日 09:24 多分ね、そのイカれた客は、ありませんか?
或いは、ないか?と聞いてきてるから、
恐らく、出ているだけなんです、ではなくて、
ございませんね、とか
ありません、と断言した返答が
欲しかったんじゃないかなぁ?

私も販売の仕事してた時、
出てるだけなんです。って表現は普通誰でも
理解出来る表現だと思うんだけど
ちょっと?な人には、ございません。と
単刀直入にハッキリ言ってあげないと
分からない、または無いんだと、
言って欲しいんだって何となく
ある時から察して接客してました。

色んな人がいるから、難しいよね

ふーた 2010年02月12日 10:19 よく我慢出来ましたね。でも周りにお客さんいたらやっぱり俺もキレないかな。その人社会人ですよね?どうやって面接通ったんだよw ふーた 2010年02月12日 10:26 どうでも良いけど題名でまっちゃんの話を想像してました
ともママン 2010年02月12日 19:58 お疲れ~
接客はね~
しょうがないと思いながらもやっぱむかつくのはむかつくよね

ファミレスなんてひっどいよ


キレてる内容が想定外すぎて
理解できん事が多い。

客は神だって思ってるんだろうね~。

そういう人はさ、
家庭なり会社でなり
偉そうにできないから
レストランとかで偉そうにするんだよ



スポンサーサイト
2010/11/20 14:38|未分類

『寒い』ですね・・・

今日はまた寒くないですか?(o´д`o;)ゞ


さきほど雪が降っていました。
僕の住んでいるところは雪は降ってもあまり
積もることはないのですが・・・


それでも、まだ僕が子供の頃は、
1年に2回~3回は雪が積もって、
『雪遊び』ができていました。


雪合戦をしたり、雪だるまを作ったり・・・
最近はそういうのも見かけることが
できないですね (-◇-)=3


四季折々の風情が消えていく淋しさ・・・・
なんとかなりませんかね・・・・


さてさて、
為替相場は昨日から大きな動きがありませんね・・・
混沌とした感じで・・・
ロンドンとニューヨークがオープンしていないと
なかなか活気ある市場にはならないのですが、
それでも“ジワリジワリ”とは進んでいきます・・・


とりあえず、昨日の書き込み時間からは円高です。
今日は金曜日。日本時間の明日午前6時までに
どうなりますか・・・。



<<前の日記へ けんちゃんさんの日記一覧へ
コメントコメントを書く
さきや 2010年02月12日 12:31 多分けんちゃんさんと同年代だと思いますが…

私が子供の頃は、冬休みは毎日雪遊びしてましたよ
かまくら作ったりミニスキーしたり

石川県は一応、雪国なんで(笑)

でも今は積もってもすぐ溶けますね
を運転する身としたらそれでいいんですが、子供らが雪遊びできないのは可哀想かも

20年でここまで積雪量が減ったんですから、還暦の頃には雪自体珍しくなるかも コメントを書く
 絵文字















2010/11/12 19:22|未分類

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。